Scroll

Safety
and Security.

安心と、安全。

Importance of Load Test

負荷点検の重要性

負荷点検の重要性
Importance of Load Test

負荷点検の重要性

なぜ、一日でも早く出力機能点検を実施しなければならないのか
それは、いつ災害が発生しても消火活動が出来るよう、1日でも早く防災対策をしておく必要がある為です。非常時の消火に必要なスプリンクラーや、消火栓ポンプを稼動させる電源として非常用自家発電機の点検が不可欠です。

最終的に、人命を預かる施設の所有者様や管理責任者様に防災対策の責任と義務があるのです。

Our Solution

非常点検は
弊社にお任せください

非常点検は弊社にお任せください
Our Solution

非常点検は
弊社にお任せください

弊社は専業。お客様のお悩みのヒアリングから、お見積、受注時の実際の施工まで、弊社営業が技術員としてワンストップで実施いたします。他社にありがちな部署を跨ぐ際に発生しがちなトラブル等も弊社では心配ありません。また、一般社団法人日本負荷試験協会正加盟店の為、各種故障やメンテナンス対応もスムーズに実施いたします。

専業ならではのお客様に合わせた小回りのきく利便性、土日祝も対応しお客様に身近な負荷試験屋としてありつづけます。

Inspection method

点検内容

STEP1

機材搬入・ケーブル敷設

負荷試験機、工具、ケーブルを搬入・敷設します。

機材搬入・ケーブル敷設

STEP2

試験前点検

発電機の負荷試験を実施する前に計器表示灯の確認と、オイルの汚れと量を確認します。

試験前点検

STEP3

ケーブル接続

発電機と負荷試験機をケーブルで接続します。

ケーブル接続

STEP4

負荷投入・測定

10%、20%、30%と徐々に負荷をかけてデータを測定します。

負荷投入・測定

Case Study

点検事例

点検事例1点検事例2点検事例3

東京都台東区 某ビル
30%負荷試験

容量:30KVA(24KW)/200V

Q&A

よくある質問

Q.

負荷試験の際、施設を停電させなければなりませんか?

A.

基本的には、停電させる必要はございません。
非常用発電機と、負荷試験機のみで完結できます。

Q.

負荷試験の作業時間はどのくらいですか?

A.

基本的に2時間程度、ケーブル施設や点検作業の都合上、長ければ3〜4時間程度いただきます。
発電機を実際に運転させるのは大よそ1時間程度です。

Q.

どんな機材を搬入しますか?

A.

作業の主となるのは負荷試験機という機材です。低圧と高圧の発電機によって負荷試験機の仕様が変わります。
低圧では、小型の負荷試験機を発電機の容量により一台から数台を使って点検します。高圧では、負荷試験機が車両に搭載された機材を使って点検します。

Contact

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン青050-5526-1563

営業時間:10:00〜20:00

紙アイコン

無料資料請求

ルーペアイコン

無料診断依頼